ぴこねっと モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております。モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌
 

ぴこねっとの社長
2005年1月から東京虎の門に事務所を開設し、2005年5月からはそれまでの広島本社を東京に移転もしました。

2005年4月、55歳で入学した大学院も2006年3月に無事修了。

2007年から始めた統計学も無事修了した。
その研究成果を仕事に活かしています。

2009年4月慶應義塾大学経済学部 通信教育課程入学

2010年9月NPO法人日本伝統文化振興機構設立

[趣味]
香道(20年)
歌舞伎観賞
読書
[好きなもの]
日本酒「八海山」
銀河高原ビール
[所属団体]
日本中小企業学会
[研究テーマ]
中小企業論
ジョン・P・コッター(企業変革)
中小企業ポートフォリオ経営
[論文]
インターネットマーケティングを重視した中小企業の経営モデル

  


  私が日々思った事、感じた事、見た事を思いのままに書いたものです。 人生もあれば時事もある。旅もあれば食もあります。
  読んで楽しかった人はお気に入りに登録して下さい。

社長日誌

★ 社長日誌はメルマガでも配信しています! ★

社長日誌の感想・ご意見はページ右下の
「感想・ご意見を書く」をクリックして書き込みして下さい

船中八策の巻頭言集

 「ジョン・コッターの「企業変革のノートから」 [No.2459]

ジョン・コッターの「企業変革のノート」をめくってみた。
第三段階「適切なビジョンをつくる」の章でコッターは下記の事をこの
章のまとめとしている。

   変革のその後のステップの行動指針として、適切なビジョンを
   つくる。

   成功への道
   ・文字通り実現可能な将来を見通す
   ・一分以内に話せ、一枚の紙に収まるように、ビジョンを明快
    にする。
   ・サービス向上といった心躍るビジョンを掲げる。
   ・大胆なビジョンを実現する、大胆な戦略を立てる。
   ・どの程度のスピードで変革を進めるか、といった戦略な質問
    に注意を払うか。

   失敗への道
   ・将来に飛躍しようとしているとき、過去の延長線上で論理に
    そった計画や予算を行動指針とする。
   ・分析を多用し財務的なビジョンを考える。
   ・コスト削減を柱に据えたビジョンを掲げ、従業員のやる気
    をなくし、不安を増幅する。
   ・前例のない大胆な戦略が必要なのはなぜか、54もの理由を
    掲げる。

   記憶すべき言葉
   ・将来像を描く。
   ・コストかサービス化。
   ・動かない飛行機。
   ・居間の死体。

コッターは経営者に語りかえる。
経営は「変革の連続」であり、そのかじ取りは経営者であると。

一昨日愛宕神社の「出世の石段」85段を40秒で駆け上がることができ
た。上りあがったときはさすがに心の臓器が息切れで破裂しそうで言葉
が出なかった。

今日はこれで終了とする。
 

2019年4月20日(土)21時48分

感想・ご意見を書く


     前の日誌へ≫

日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights  © 2004  PICONET,Inc  All  Rights  Reserved