ぴこねっと モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております。モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌
 

ぴこねっとの社長
2005年1月から東京虎の門に事務所を開設し、2005年5月からはそれまでの広島本社を東京に移転もしました。

2005年4月、55歳で入学した大学院も2006年3月に無事修了。

2007年から始めた統計学も無事修了した。
その研究成果を仕事に活かしています。

2009年4月慶應義塾大学経済学部 通信教育課程入学

2010年9月NPO法人日本伝統文化振興機構設立

[趣味]
香道(20年)
歌舞伎観賞
読書
[好きなもの]
日本酒「八海山」
銀河高原ビール
[所属団体]
日本中小企業学会
[研究テーマ]
中小企業論
ジョン・P・コッター(企業変革)
中小企業ポートフォリオ経営
[論文]
インターネットマーケティングを重視した中小企業の経営モデル

  


  私が日々思った事、感じた事、見た事を思いのままに書いたものです。 人生もあれば時事もある。旅もあれば食もあります。
  読んで楽しかった人はお気に入りに登録して下さい。

社長日誌

★ 社長日誌はメルマガでも配信しています! ★

社長日誌の感想・ご意見はページ右下の
「感想・ご意見を書く」をクリックして書き込みして下さい

船中八策の巻頭言集

 「今日のネット記事から」 [No.2407]

今日のネットニュース

「同じ容疑で別期間 ゴーン容疑者ら再逮捕に賛否」に私が下記の記事
を投稿したら炎上してしまった・・。


 国際的批判は当たらいない。日本は日本の法律と司法制度でおこなわ
 れるのであって、他国の批判に配慮すべきものでない。まだ日本は司
 法の独立が厳格に守られている国家なのだから、他国と比較されるべ
 きものではない・・。日本国の法の下の平等であるべきだ。ゴーン氏
 を特別扱いする事はあってはならない。

ゴーン氏擁護波からのバッシング記事も多く書かれている。
私は、その国の法律はその国の国家の意思にによって立法さられたのも
であって、その国で起きる事件は等しく「法の下に平等」であるべきと
思うのである・・外国人著名人だから、政治家・有名人だからといって
配慮されるべきでない。日本は法治国家なのだというのが私の主張だ。


一昨日の新聞記事「歴史 ひと模様」で、本郷和人氏は、この度の日産
ゴーン氏の問題を「本能寺の変」になぞらえて記事を書いてくれとある
雑誌社から依頼があったが、あれは「本能寺の変」ではなく、鎌倉幕府
の「源実朝の暗殺」という歴史になぞらえることができるという。

ゴーン氏も日本の日産の経営トップなのだから、日本の文化や経営手法
を取り入れた経営にすべきだったが・・・
源実朝の後ろ盾が「後鳥羽上皇」だったように、ゴーン氏の後ろに「フ
ランス政府」がいた・・事件の発端はそこにあったのではと本郷氏の推
理だ・・


今夜はまだまだ多くの「いいね」と「バッシング」が寄せられるだろう
な・・。今日はこれで終了とする・・。


2018年12月10日(月)21時7分

感想・ご意見を書く


     前の日誌へ≫

日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights  © 2004  PICONET,Inc  All  Rights  Reserved