ぴこねっと モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております。モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌
 

ぴこねっとの社長
2005年1月から東京虎の門に事務所を開設し、2005年5月からはそれまでの広島本社を東京に移転もしました。

2005年4月、55歳で入学した大学院も2006年3月に無事修了。

2007年から始めた統計学も無事修了した。
その研究成果を仕事に活かしています。

2009年4月慶應義塾大学経済学部 通信教育課程入学

2010年9月NPO法人日本伝統文化振興機構設立

[趣味]
香道(20年)
歌舞伎観賞
読書
[好きなもの]
日本酒「八海山」
銀河高原ビール
[所属団体]
日本中小企業学会
[研究テーマ]
中小企業論
ジョン・P・コッター(企業変革)
中小企業ポートフォリオ経営
[論文]
インターネットマーケティングを重視した中小企業の経営モデル

  


  私が日々思った事、感じた事、見た事を思いのままに書いたものです。 人生もあれば時事もある。旅もあれば食もあります。
  読んで楽しかった人はお気に入りに登録して下さい。

社長日誌

★ 社長日誌はメルマガでも配信しています! ★

社長日誌の感想・ご意見はページ右下の
「感想・ご意見を書く」をクリックして書き込みして下さい

船中八策の巻頭言集

 「新聞記事から」 [No.2320]


森友問題で国会が昨年から混迷状態である。また加計問題もしかりであ
る。
真相究明は重要であるが、この事により重要法案の停滞や、日本を取り
巻く国際政治の激動激変に日本政府の対応が追いついていない事も大き
な問題である。これによる国益の損失大きいものだし、この問題の審議
に掛けている時間、国会混乱による税金のロスは計り知れない。


マスコミもこの一年間毎日と言っていいほどの報道である。国民も洗脳
されてしまう。印象操作と言われてもしょうがない。討幕ならぬ政権倒
しと言ってもいい。

官僚の問題でもそうである。次から次とスクープ記事、リーク記事が出
てくる。週刊誌の必要なまでの追及や暴露も大事であるが、でも個人プ
ライバシーを侵すような報道は如何なものか・・・。探偵ごっこのよう
な捜査ならぬ取材は如何なものか・・。

早く国会が、国民生活や国の安全、自然災害対策、防衛問題、憲法改
正、少子化対策、国際問題に対する日本の意思を議論し欲しいものだ。
「モリカケ問題」は大事だが、今国民が一番心配している事は、少子高
齢化社会の生活です。「モリカケ問題」が国会の議論の中心になって、
この少子高齢化対策の議論・審議が見えてこないのは政治家の怠慢とい
うほかない。




2018年4月16日(月)20時43分

感想・ご意見を書く


     前の日誌へ≫

日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights  © 2004  PICONET,Inc  All  Rights  Reserved