ぴこねっと モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております。モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌
 

ぴこねっとの社長
2005年1月から東京虎の門に事務所を開設し、2005年5月からはそれまでの広島本社を東京に移転もしました。

2005年4月、55歳で入学した大学院も2006年3月に無事修了。

2007年から始めた統計学も無事修了した。
その研究成果を仕事に活かしています。

2009年4月慶應義塾大学経済学部 通信教育課程入学

2010年9月NPO法人日本伝統文化振興機構設立

[趣味]
香道(20年)
歌舞伎観賞
読書
[好きなもの]
日本酒「八海山」
銀河高原ビール
[所属団体]
日本中小企業学会
[研究テーマ]
中小企業論
ジョン・P・コッター(企業変革)
中小企業ポートフォリオ経営
[論文]
インターネットマーケティングを重視した中小企業の経営モデル

  


  私が日々思った事、感じた事、見た事を思いのままに書いたものです。 人生もあれば時事もある。旅もあれば食もあります。
  読んで楽しかった人はお気に入りに登録して下さい。

社長日誌

★ 社長日誌はメルマガでも配信しています! ★

社長日誌の感想・ご意見はページ右下の
「感想・ご意見を書く」をクリックして書き込みして下さい

船中八策の巻頭言集

 「これからも・・・・」 [No.2387]


私が社会人になったのは1972年4月です。あの時から私の仕事は今でも同じであること
に気がつきました。新入社員として入社の時からあの当時の「事務改善」のツールでし
た「票簿会計システム」「票簿による事務の合理化システム」を企業に提案し、その票
簿システムを自分で創作し導入指導する仕事であった。

その後事務改善は「オフィスコンピュータ」の時代になり、オフィスコンピュータの営
業、そして「オフコン導入による業務改善」や「業務システム」の構築を行っていた。

1986年に起業してからも私はサラリーマン時代に培った経験から、「業務改善コンサ
ル」「業務システムの設計」、「システム導入、運用指導」の仕事は変わらずでした。

今まで2000社以上の会社の業務改善やシステム導入に携わって来た。携わった会社の経
営者の方ととことん話し合い、その会社にとって最も「合理的」あり「経営戦略的」な
業務システムを構築することだけを考えて導入し実施してきましたね。

感ずることは、企業は生き物であり、企業は経営者の思いの実現であり、企業は顧客が
あってその存在価値がある。その存在価値を経営者の社長が舵を握り、社員と共にその
役割を果たしながら思いを実現していくものだと思う。

今も多くの経営者の方にお会いするが、良くお話しするのは私の師匠の近藤建氏が言わ
れた「会社は社長次第」という事。一倉定先生が言われた「全ては社長の責任」と言う
言葉。

今日は私の○○歳の誕生日です。これからの一年、私の生涯の仕事である「クラウド型
業務システム」の構築や「業務改善」「ビジネスモデルの構築」に頑張ります。

今日はこれで終了とします。

2018年10月20日(土)22時42分

感想・ご意見を書く


     前の日誌へ≫

日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights  © 2004  PICONET,Inc  All  Rights  Reserved