[岐阜県 美濃市]
日本ねっ島 >>> 岐阜県 >>> 美濃市 >>> 美濃流しにわか

美濃流しにわか
番屋前(美濃市観光協会前)

4月第2土曜日・日曜日夕暮れ
「にわか」とは
「にわか」とは、「落ち」のついた即興の喜劇です。2〜3人の役者が登場して、ユーモアたっぷりに物語を展開し、最後に「落ち」がつく寸劇です。江戸時代の半ば、京、大阪、江戸で流行した「にわか」が全国に広がりました。美濃に伝わったのは江戸時代の末期頃だといわれています。現在、全国で継承されている地域は、博多、大阪、熊本など約20ヶ所ほど確認されています。その中でも美濃にわかは、お囃子を演奏しながら町の辻つじで上演してあるくので、特に「流しにわか」と呼んでいます。
「にわか」のはじまり
「にわか」のはじまりについては諸説あるが、美濃にわかの源流は、江戸時代後期の歌舞伎の隆盛と深い関係があると考えられる。歌舞伎が一般大衆に持てはやされるようになり、その一節が俄芝居として、素人の間で楽しまれた。即興劇、すなわち俄芝居であり、お座敷など酒席で行われるようになった。それに洒落っ気が加わり、落語のような落ちをつけることになり、現在の「にわか」の形が定着した。
美濃書商工会議所
 〒501−3743
 岐阜県美濃市上条78−7
 TEL 0575-33-2168 FAX 0575-33-3183
 e-mail:ma5@mino-cci.or.jp


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る