[宮崎県 都城市]
日本ねっ島 >>> 宮崎県 >>> 都城市 >>> 高木原緑道(たかぎばるりょくどう)

高木原緑道(たかぎばるりょくどう)
JR都城駅から車で5分
 市の中心を「高木原緑道」と名付けられた道が5.9Kmにわたって抜けています。名称のように道の両脇に木々が植えられ、目を楽しませてくれます。公民館行事の「歩こう会」などにもよく利用され、街に潤いをもたらしています。
 この道の下にあったのが高木原用水路です。市北部の高木原地区の水田に水を送るために、大正4年に宮崎県が作った農業用の水路です。鹿児島県との境の今町の井堰から水を採り高木原まで送った18Kmに及ぶ水路で、宮崎県史に残る困難を伴った大事業だったようです。
 昭和61年に都市整備、治水の向上に伴い、その70年以上の歴史を閉じ「緑道」として生まれ変わり、市民生活にまた別の潤いをもたらしています。

 この高木原緑道の整備によって、都城市は「平成7年度都市景観大賞:形成事例部門・地区レベル」を受賞しています。市街地の緑とうるおいの創出という点が評価されたようです。
 5.9Kmの区間は5つのゾーンに分類され、それぞれ異なるコンセプトで工夫がされています。北から「花のみち:コミュニティーゾーン」「高木原の広場:イベントゾーン」「水辺のみち:ウォーターフロントゾーン」「緑のみち:ファミリーゾーン」「ふれあいのみち:ヲーキングゾーン」です。水辺のみちには都城出身のアーティストのデザインした水路もあります。
都城市役所
http://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る