[奈良県 田原本町]
日本ねっ島 >>> 奈良県 >>> 田原本町 >>> 唐古・鍵遺跡

唐古・鍵遺跡
田原本町唐古、鍵
近鉄橿原線「田原本駅」下車徒歩30分
近鉄橿原線「石見駅」下車徒歩15分
国史跡 唐古・鍵遺跡は弥生時代を代表する大環濠集落で、面積は42ha。弥生時代前期から古墳時代前期までの600年間継続したムラで、稲作農耕を営みつつも単なる農村ではなく、青銅器や土器・石器をつくり、東海や吉備など広い地域との交流があった都市的機能を有していた。弥生時代の近畿の首都的集落といえる。
平成3年に、楼閣と思われる土器片が出土し邪馬台国との関係が注目を集めた。唐古池の一角に楼閣が復元され、遺跡のシンボルとなっている。東には三輪山と王権成立の地である纏向遺跡が望める。
田原本町役場教育委員会文化財保存課
п@0744−32−4404


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る