[山形県 庄内町]
日本ねっ島 >>> 山形県 >>> 庄内町 >>> 砂防資料館

砂防資料館
◎場所
庄内町狩川字堅田20−23
JR狩川駅から徒歩5分
 狩川地区にある砂防資料館は、東北随一の砂防に関する資料館で、昭和63年にオープンしました。砂防事業に関する様々な資料・技術・情報がパネルや模型・ビデオなどを通して知ることができます。
 また、鉱物資料コーナーには、立谷沢川流域の科沢地区から発掘された貝の化石などもあり、今は山に囲まれた科沢地区が、その昔、海の底にあったことなども学ぶことができます。
 砂防事業とは、川の氾濫やそれに伴う土砂災害から住民の暮らしを守るために行われます。その昔、立谷沢川も大雨が降るたびに氾濫を繰り返し、昭和12年から砂防事業が行われました。
 砂防資料館は、この半世紀に渡る砂防事業と立谷沢川の歴史を伝えています。
 入館料は無料で、見学に勉強に研修に、また、地域の周辺事情に詳しい案内係が常駐しているので旅の道先案内・休憩所としても活用できます。
砂防資料館
TEL:0234−56−2050
E-mail:shinjyou@thr.mlit.go.jp



市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る