[大分県 豊後高田市]
日本ねっ島 >>> 大分県 >>> 豊後高田市 >>> 若宮八幡神社

若宮八幡神社
大分県豊後高田市大字御玉
アクセス方法
自動車の場合・・・国道10号線を豊後高田市方面国道213号線へ。約3k先の新地交差点を右折し県道29号線を直進し、桂川に架かる御玉橋を渡れば右手に鳥居と駐車場があります。
列車旅行の場合は、JR日豊本線宇佐駅から大交北部バスの豊後高田行きで10分、終点下車。タクシーで5分、徒歩で15分。

◎問い合わせ
豊後高田市商工観光課
TEL0978-22-3100
仁寿2年の12月創建と伝えられ、元亀2年と天正7年の二度にわた大名大友宗麟らによる焼き討ちに遭ったが、文禄の頃に竹中重利により再興された。現代の社殿は天保4年に造営されたもので、昭和30年に桂川の工事の為、約80m東方に移築。
宇佐神宮の別宮で、大分県無形民俗文化財のホーランエンヤや、日本三大裸祭り『若宮八幡秋季大祭』が有名で、また紫陽花や彼岸花の名所でもある。
日本三大裸祭りのひとつである、若宮八幡秋季大祭。
永保4年に始められ、900年以上の歴史をもっています。褌姿の輿丁(よちょう)が宮神輿を担いで桂川を渡り、若宮八幡神社から下宮へお下りして二泊した後, 下宮から若宮神社へお上りする夜の川渡し神事である。開催日は、旧歴の10月14、15、16日三日間の潮位の優先で最も近い金・土・日に行われます。約80名の締め込み姿の輿丁が、寒風吹き晒す桂川の中を練り歩き、見る人誰もがこの勇壮な光景に圧巻される事でしょう。また、「世界一の大たいまつ」や「和太鼓」の饗宴が、この川渡しの雰囲気を最大に盛り上げております。こちらも一見の価値があります。
また、ご遠方の方々には、大祭当日の様子を豊後高田市のライブカメラでもご覧頂けます。
平成24年度の開催日は、
11月23日(金)〜11月25日(日)


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る