[高知県 須崎市]
日本ねっ島 >>> 高知県 >>> 須崎市 >>> 鍋焼きラーメン

鍋焼きラーメン
スープは鶏がらのしょうゆ味で、麺は歯ごたえある細麺。具はネギ、ちくわ、生卵といたってシンプル。なにか懐かしさをおぼえるような、いわゆる和風ラーメンです。一番のポイントは器が土鍋であること。最後まで熱いスープが味わえ、店主のもてなしの心もそのままの熱さで伝えることのできるのは土鍋ならでは。その土鍋の底に、お店の”顔””味””風土”・・・が見えてくる。そして、なぜか沢庵(古漬け)が付いてくる。これまた、絶妙な強力助っ人である。
事情通によると、「谷口食堂」(店主:故谷口兵馬さん)というお店が発祥の地であるとのこと。このお店は戦後間もなく開業。ご主人が亡くなったのを機に、昭和55年頃に閉店。しかし、かつて昼食時や夜間にはいつも満席で、「いまだにその味をよう忘れん」という熱狂的なファンもいるほど。「伝説の名店、幻の味」として語り継がれていて、今「鍋焼きラーメン」を出しているお店のほとんどが、谷口食堂の流れを汲んでいる。
 では、この元祖・谷口食堂が「鍋焼きラーメン」を取り入れたのはなぜ?それは保温のためです。出前のときに普通のどんぶりを使うと冷めてしまうため、ホーロー鍋で届けていました。(それが近年、土鍋に変わっていった)。お客様に本当に美味しいままで食べてもらいたい、そんな“おもてなしの心”から生まれてきたものです。だから、ストレートの細麺も固く、食べる頃にちょうどいい感じになる。
現在、須崎の街に「鍋焼きラーメン」を提供しているお店は40軒あまり。「鍋焼きラーメン」の専門店から食堂、お好み焼き屋さんから焼肉屋さん、さらには居酒屋まで。場所、昼夜を問わず、須崎市民に幅広く愛されています。




市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る