[北海道 平取町]
日本ねっ島 >>> 北海道 >>> 平取町 >>> 義経神社

義経神社
義経神社は源義経公を御祭神としておりますが、1798年(寛政10)年に近藤重蔵が東蝦夷地を探検の際、この地のアイヌ民族が源九郎判官義経公を崇敬していることを知り、法橋善啓に義経公の像を作らせ、1799年(寛政11)年に御神像を寄進し、平取の地に安置させたのが始まりです。1876(明治9)年に村社に列格され、名実共に平取義経神社として全国にその名を広めました。本社にまつわる義経伝説には、義経公の滞在中、アイヌ民族をこよなく愛し、農耕や舟の作り方、操法、機織り等の技能を伝授したことから、住民は義経公を慕い「判官様」または「ホンカンカムイ」と呼んで尊崇していたと伝えられています。
北海道沙流郡平取町本町119−1
義経資料館
入館料 大人/200円 子供/100円
開館時間 9:00〜17:00
休館日 月曜日


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る