[山形県 舟形町]
日本ねっ島 >>> 山形県 >>> 舟形町 >>> 長沢和紙

長沢和紙
長沢和紙の起源は古く、鎌倉時代に曽我一族の鬼王団三郎が和紙づくりを伝授したと伝えられています。以後800年にわたり和紙づくりが行なわれ、藩政時代に領主の幕府献上品として、また各種の御用紙や領民の障子紙として広く愛用されてきました。また戦国時代にあっては、天下にその名を恐れられた出羽喇叭(でわらっぱ)の忍(しのび)衣装に用いられ、強靭なその製品は他に類を見ないといわれています。
長沢和紙は一時途絶えてしまいましたが、54年に最上地方が国のモデル定住圏構想の指定を受け、「長い伝統をもつ長沢和紙を復活させよう」という地区民の声が高まると共に、舟形町が地域開発計画推進の一つとして「長沢和紙」の復活を取り上げました。
山野に自生するコウゾの皮とノリウツギの汁だけでつくる和紙は、素朴でしかも優雅さをもち、強靭なところが特徴です。


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る