ぴこねっと モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております。モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌
 

ぴこねっとの社長
2005年1月から東京虎の門に事務所を開設し、2005年5月からはそれまでの広島本社を東京に移転もしました。

2005年4月、55歳で入学した大学院も2006年3月に無事修了。

2007年から始めた統計学も無事修了した。
その研究成果を仕事に活かしています。

2009年4月慶應義塾大学経済学部 通信教育課程入学

2010年9月NPO法人日本伝統文化振興機構設立

[趣味]
香道(20年)
歌舞伎観賞
読書
[好きなもの]
日本酒「八海山」
銀河高原ビール
[所属団体]
日本中小企業学会
[研究テーマ]
中小企業論
ジョン・P・コッター(企業変革)
中小企業ポートフォリオ経営
[論文]
インターネットマーケティングを重視した中小企業の経営モデル

  


  私が日々思った事、感じた事、見た事を思いのままに書いたものです。 人生もあれば時事もある。旅もあれば食もあります。
  読んで楽しかった人はお気に入りに登録して下さい。

社長日誌

★ 社長日誌はメルマガでも配信しています! ★

社長日誌の感想・ご意見はページ右下の
「感想・ご意見を書く」をクリックして書き込みして下さい

船中八策の巻頭言集

 「車窓の風景」 [No.2803]

先日仕事で岩手県二戸市浄法寺に行きました。漆生産日本一で、かつて
瀬戸内寂聴さんが住職をしていたお寺さん「天台寺」がある浄法寺で
す。

東京から東北新幹線「はやぶさ」で二時間半ほどで着く。車窓から見え
る遠くに連なる山々にはまだ残雪さえ見え、近くに見える田園風景は熱
いといった方がよい真夏の強い日差が照射する深い緑の草原のよう広が
る。気温は30℃以上あっただろう。

ニーチェ詩集「風景が心に与えるもの」から

  いつもの自分の生活や仕事の中で、ふと振り返ったり、遠くを
  眺めた時、山々の森林の連なりや遥かなる水平線や地平線とい
  った、確固たる安定した線をもっていることはとてもたいせつ
  なことだ。

  それは単なる見慣れた風景に過ぎないかもしれない。けれども
  、その風景になかにあるしっかりと安定した線が、人間の内部
  に落ち着きや充実、安堵した深い信頼というものを与えてくれ
  るからだ。

  だれでもそのことを本能的に知っているから、窓からの風景を
  重視したり、セカンドハウスの場所を自然に近い所ところを選
  んでいる・・・・

  (ニーチェの詩集 人間的な、あまりりにも人間的な・・より)

車窓からみる風景は、街がある都会的風景、近くに農家と田園がみえる
原風景・・遠くに見える山々の稜線・・心に癒しと安らぎと安定を与え
てくれるものです・・そんな東北新幹線から見える風景です。

今日は16:00に広島の事務所をでて21:00前に東京事務所についた・・

今日はこれで終了とする。

2021年7月29日(木)0時1分

感想・ご意見を書く


     前の日誌へ≫

日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights  © 2004  PICONET,Inc  All  Rights  Reserved