ぴこねっと モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております。モール内の不正な商品を取り締まるシステムを備えております ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌
 

ぴこねっとの社長
2005年1月から東京虎の門に事務所を開設し、2005年5月からはそれまでの広島本社を東京に移転もしました。

2005年4月、55歳で入学した大学院も2006年3月に無事修了。

2007年から始めた統計学も無事修了した。
その研究成果を仕事に活かしています。

2009年4月慶應義塾大学経済学部 通信教育課程入学

2010年9月NPO法人日本伝統文化振興機構設立

[趣味]
香道(20年)
歌舞伎観賞
読書
[好きなもの]
日本酒「八海山」
銀河高原ビール
[所属団体]
日本中小企業学会
[研究テーマ]
中小企業論
ジョン・P・コッター(企業変革)
中小企業ポートフォリオ経営
[論文]
インターネットマーケティングを重視した中小企業の経営モデル

  


  私が日々思った事、感じた事、見た事を思いのままに書いたものです。 人生もあれば時事もある。旅もあれば食もあります。
  読んで楽しかった人はお気に入りに登録して下さい。

社長日誌

★ 社長日誌はメルマガでも配信しています! ★

社長日誌の感想・ご意見はページ右下の
「感想・ご意見を書く」をクリックして書き込みして下さい

船中八策の巻頭言集

 「六分の侠気・・」 [No.2851]

今夕広島から東京に22:00前に東京事務所に着いた・・
小雨模様でしたが、それほど寒くはない・・。新橋駅前の「蒸気機関
車」はクリスマスモードで綺麗に化粧をしていました・・。あと20数日
もすれば今年もですね。

明日、明後日は「漆プロジェクト」の事業化への詰めの交渉だ。いろい
ろ紆余曲折、障害があり、苦難困難はあったが、李先生とぶれることな
く一直線に、そして一心に推進してきた・・。あせる気持ちもあったが
着実に研究と実験を積み重ね、結果を出しながら、今日に至った・・。

事業を起こすという事はそう簡単なことではない。起業と言えば格好よ
いが、そう簡単なことではない。事業の中核となるサービス(我々の場
合は新しい技術の開発だ)の開発、そして顧客の開拓(マーケット開
発)、生産工場の建設(小さいながら生産する建物がなければならな
い)、生産機器(生産設備)、人材、資金・・。
事業とはこれらを効率よく活かしながら構築していくものだ・・・。

私は今回で三回目の起業だが、この年になっての起業は若いときの起業
と違って、いろいと経験も積んでいるし、知恵も人脈も多少ある。根性
も座ってきているから、目標に向かって一心に進めばよい。

挫けずにね。目標を失わずにね。思いを信念に高めてね。

  友ト交ワルニハ須ク 三分ノ侠気ヲ帯ブベシ
  人ト作ルニハ 一点ノ素心アルヲ帯ブベシ

与謝野晶子は・・・・・
  
  友を選ばば書を読みて、六分の侠気、四分の熱

といった。事業は誰かと組むでやる。私も李先生と組んで研究や実験、
地元ととの調整など、困難、苦難、障害はあったが、損得を計算せず、
その風雪に突き進んできた・・。

起業とはそのようなものである。事業はこれを経営路線にのせて目標・
計画を推進していくことだ・・・。

事業とは永遠のテーマだ、だから頑張るのだ・・。

今日はこれで終了とする。

2021年12月7日(火)23時37分

感想・ご意見を書く


     前の日誌へ≫

日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights  © 2004  PICONET,Inc  All  Rights  Reserved