[岩手県 盛岡市]
日本ねっ島 >>> 岩手県 >>> 盛岡市 >>> 鬼の手形伝説

鬼の手形伝説
 那須川町の東顕寺の裏手に、それぞれしめ縄が張られた三個の苔むした大石があります。
 この石は、岩手山が噴火した時、飛んできた石といわれ、いつの頃からか「三ツ石様」と呼ばれ近郊の人々の信仰を集めていました。
 ある時、羅刹と呼ばれる鬼が現れ、さまざまな悪さをして荒らしまわり、困り果てた里人たちは三ツ石様に悪鬼の退治を祈願しました。三ツ石の神様はその願いを聞き入れて悪鬼を捕らえて、2度と悪さをしないよう、鬼に誓いの証として三つの石に大きな手形を押させました。これが岩手の名の由来と言われています。
 鬼の退散を喜んだ里人たちは、三ツ石のまわりを「さんささんさ」と言って踊りまくったのが「さんさ踊り」の始まりと言われています。


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る