[鹿児島県 南九州市]
日本ねっ島 >>> 鹿児島県 >>> 南九州市 >>> 知覧武家屋敷

知覧武家屋敷
知覧町
 第18代知覧領主島津久峯は、藩主の参勤交代に従い江戸へ上がりました。道中、京都へ赴き、漢詩や書道を学び、家臣ともども京の文化に接し、知覧へ持ち帰ったといわれています。
 名園の誉れ高い庭は母ヶ岳を借景にし、町並み全体が箱庭のような趣があり、薩摩の小京都と呼ばれています。
 武の国・薩摩を歩くと、整然と並ぶ石垣やおごそかな腕木門を配した武家屋敷に出合います。それは、島津藩政時代に、藩内に113築いたといわれる外城と呼ばれるものです。外城といっても、天守閣を持った城郭ではなく”人をもって城となす”という薩摩独特の気風によってつくられた防衛ゾーンです。
 知覧の麓地区も外城のひとつで、まさに人をもって城となした町を形成しています。武家屋敷郡は、丹精にして優美、虚飾に走らず簡素を旨とした先人たちの気骨がうかがえます。庭園を眺める縁側にたたずむと、時代に流されない薩摩の熱い心が伝わってきます。
知覧武家屋敷庭園保存会
TEL:(0993)58-7878
FAX:(0993)58-7877
http://www.chiran-bukeyashiki.jp/


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る