[岩手県 盛岡市]
日本ねっ島 >>> 岩手県 >>> 盛岡市 >>> 夢の国の旅人 宮沢賢治

夢の国の旅人 宮沢賢治
 賢治は13歳(明治42年)の時、盛岡中学校に入学し、その後、わが国初の高等農林専門学校として創設された盛岡高等農林学校で農芸化学を学びました。
 本格的に文学に打ち込み始めたのもこの頃で、13歳から24歳まで過ごした盛岡での約10年間は、その後の賢治の活動の土台となりました。
◆岩手山と小岩井農場◆
 岩手山は標高2,038m。賢治が盛岡中学2年生の時に初めて登って以来、数え切れないほど登った山です。
 その裾野に広がる小岩井農場は賢治にとって神聖な場で、ドリームランドとしてのイーハトーブの中心でした。
 長編詩『小岩井農場』は、農場周辺を歩き回りながら心象を書き留めてゆく歩行スケッチの手法で、自分の意識の流れを辿った600行にも及ぶ長大な詩です。
◆注文の多い料理店出版の地・材木町◆
 盛岡駅からほど近い北上川に架かる旭橋からは、四季折々の岩手山の山容が望まれ、この橋を渡って左に曲がると「いーはとーぶアベニュー材木町」です。
 この商店街の街路には、賢治とその作品にちなんだ6つのモニュメントが並び、独特の雰囲気をかもしだしています。それぞれのモニュメントに想いがこらされ、私たちを賢治の夢の世界に誘います。


市町村TOPへ   情報発信人へメール   日本ねっ島TOPへ  


戻 る