全国の郷土料理>じゃっぱ汁 郷土料理[青森県]
種類・食材からさがす
レシピの種類
 ごはんもの
 丼もの
 鍋もの
 麺もの
 汁もの
 おかず/おつまみ
 おやつ
 その他
食材
 
 野菜
 魚介
 穀物/麺/いも
 
 たまご
 その他
食材の旬
 
 
 
 
 通年
都道府県からさがす
はその郷土料理を食べられるお店にリンクしている料理です
総数:267件
関東
中部
近畿
郷土料理、それは故郷の母の手で作られた母の味であり、祖母から母へ、母から子へと伝えられてきた心の味でもある。季節季節の旬の素材でその土地から生まれた伝統的な料理法で調理されたその土地の味でもある。ぴこねっと郷土料理は、そんな味を全国の皆さんからの投稿で制作しています。
郷土料理 青森県版

料理名 じゃっぱ汁 投稿者: 管理者 様
じゃっぱ汁 タラを丸ごと一匹使った、津軽の代表的な郷土料理です。
「じゃっぱ」とは、青森弁で「残り物」をいい、名前の通りタラのえらや中骨、内臓、頭などの普通は捨てられる部分を ふんだんに使い赤味噌や酒粕仕立ての大鍋料理がつくられました。
この地方では正月になると必ず食べる習慣があり、暮れにはその支度の為にタラを買い、タラの頭に縄を結び雪道を引いて家路についたそうです。
主な食材の旬:冬
地元で供される時期:年初
-りんご-
青森県は日本一のリンゴの名産地。その8割以上が弘前、黒石を中心とした津軽地方で作られています。 青森県でりんごの生産がはじまったのは、明治8年から。米作りに適さないこの地方の産業振興と、禄を失った 武士達の救済の両面から、中央政府がリンゴの苗木を配ったことから始まりました。 最初は細々と作られていましたが、明治20年代に津軽を訪れたフランス人宣教師が枝の剪定法を教えたことから、 よいリンゴが作られるようになり、以降広く青森中にリンゴ作りが広がりました。
レシピ
かんたんにできる作り方
じゃっぱ汁
材料
4人分
タラのあら
大根
ねぎ
とうふ
赤味噌
昆布
だし汁

1. タラのあらを適当な大きさに切り、塩をふりかけ1時間置く。
2. 水洗いし、熱湯でさっと湯通しする。
3. 大根の皮をむき、3センチの厚切りにする。
4. ねぎを4センチのぶつ切りにする。
5. なべに昆布と水を入れ出し汁をとる。
6. だし汁に大根を加え、やや火が通るまで煮る。
7. あらを加え、沸騰したら味噌を入れる。
8. あまり煮込みすぎないうちに、ネギを加え、やわらかくなったら火を止める。
家庭で作って食べた感想や郷土料理を食べれるお店の情報などを投稿して下さい!
(誹謗・中傷・茶化し等の書き込みは行わないで下さい。当サイトが不適切と判断した書き込みは削除する場合がございます。)
週間ランキング
  1. やせうま(大分県)
  2. ゆず巻き大根(群馬県)
  3. ガタタン(北海道)
  4. お雑煮(岐阜県)
  5. かぼちゃ汁粉(北海道)
月間ランキング
  1. お雑煮(岐阜県)
  2. ゆず巻き大根(群馬県)
  3. やせうま(大分県)
  4. かぼちゃ汁粉(北海道)
  5. けんさ焼き(新潟県)
郷土料理募集中
あなたの故郷の郷土料理は載ってますか?
あなたの郷土の味を紹介したい方は、是非ご応募下さい。
 

button_100sen.gif
Copyrights © 2020 PICONET,Inc All Rights Reserved.