船中八策巻頭言集 ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌 > 船中八策の巻頭言集 > 第01号テーマ:創刊にあたって
 

No.60民法について(2)...H27/11
No.59民法について(1)...H27/10
No.58由無し事H27/03
No.57「悪貨は良貨を駆逐す...H25/04
No.56「牛尾から 鶏口にな...H25/04
No.55徳義と智恵の関係性に...H25/03
No.54経営雑感(経営者とは...H25/01
No.53「打つ手がない」から...H24/08
No.52「故事から学ぶ経営者...H24/02
No.51こんな時代だから...H24/02
No.50代替効果と所得効果...H23/04
No.49創業の元一日...H22/08
No.48利益説と能力説の立場...H22/07
No.47「経営者の行動指針」...H22/04
No.46 期間損益計算と発生...H22/02
No.45世界経済のグローバル...H21/12
No.44「世界経済のグローバ...H21/12
No.43困難な時代だからこそ...H21/07
No.42業務プロセス改善が企...H21/01
No.41ジョン・P・コッター...H20/12
No.40中小企業の経営改革(...H20/10
No.39中小企業の経営改革(1...H20/07
No.38経営者の孤独...H20/05
No.37学ぶH19/12
No.36愚公移山H19/04
No.35インターネットマーケ...H18/11
No.34潮目、「三種の神器」...H18/09
No.33江戸商人に学ぶ・江戸...H18/05
No.32故事に学ぶH17/02
No.31母恃久安 母憚初難...H16/05
No.30社員と共に思いの共有...H15/12
No.29その気になれば。...H15/08
No.28小事を見れば則ち大事...H15/03
No.27経営は熱意、情熱、努...H14/11
No.26雑感二題H14/06
No.25毎日が創業の原点...H14/02
No.24今日の時代を生き残る...H13/11
No.23雑感二題H13/08
No.22雑感二題H13/05
No.21社長の戒め二題...H13/02
No.20古典に学ぶ経営...H12/09
No.19商人の経営訓...H12/09
No.18経営者の苦労...H12/05
No.17筆無精H12/01
No.16自分を信じて...H11/10
No.15学級崩壊に思う...H11/07
No.14知識は実践を通して知...H11/04
No.13不景気で倒産した会社...H11/01
No.12苦難、困難をバネに...H10/10
No.11創業の精神H10/08
No.10こんな時代だからこそ...H10/04
No.09成果1/10への挑戦...H10/01
No.08勤労は美徳H09/10
No.07俺はやってるぞ...H09/07
No.06心中の賊H09/03
No.05闘う姿勢H09/01
No.04私のもう一つの活動...H08/10
No.03背水の陣H08/07
No.02雑感二題H08/04
No.01創刊にあたって...H08/02


第01号テーマ:創刊にあたって

株式会社ぴこねっと
代表取締役 及川秀悟

当社では、今年からユーザーの皆様方への情報発信誌として「船中八策」を発行する事にいたしました。皆様に役立つ情報を、タイムリーに発信いたします。

 船中八策」とは、江戸時代末期かの坂本龍馬が、土佐藩主山内容堂に大政奉還を進言するべく長崎から京へ向かう船上で、土佐藩参政後藤象二郎らに語った大政奉還後の政体のあるべき姿を指し示した綱領のことです。日本中が討幕派と佐幕派に二分された中で、ただ一人坂本龍馬は日本の存続を願い、戦争無き革命を行うために、幕府自らが政権を朝廷に奉還するという策を考え出しました。そして、奉還後に朝廷が政権を運営してゆく指針としてこの綱領が発せられました。八つの政策からなり、船の中で記されたことから、「船中八策」と呼ばれています。

 今、時代は21世紀に向けて大きく変わろうとしています。コンピュータの世界も同様に、インターネット、Windows95など毎日のように新聞やテレビを賑やかしています。これからコンピュータをどの様に経営の中に取り込み、どの様に生かしてゆけば良いのか、このユーザー通信がその羅針盤の役割を果たすことができれば、とそんな思いから「船中八策」と名付けました。ご期待ください。







日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights ©2017 PICONET,Inc All Rights Reserved