船中八策巻頭言集 ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌 > 船中八策の巻頭言集 > 第42号テーマ:業務プロセス改善が企業競争力を高めます。
 

No.60民法について(2)...H27/11
No.59民法について(1)...H27/10
No.58由無し事H27/03
No.57「悪貨は良貨を駆逐す...H25/04
No.56「牛尾から 鶏口にな...H25/04
No.55徳義と智恵の関係性に...H25/03
No.54経営雑感(経営者とは...H25/01
No.53「打つ手がない」から...H24/08
No.52「故事から学ぶ経営者...H24/02
No.51こんな時代だから...H24/02
No.50代替効果と所得効果...H23/04
No.49創業の元一日...H22/08
No.48利益説と能力説の立場...H22/07
No.47「経営者の行動指針」...H22/04
No.46 期間損益計算と発生...H22/02
No.45世界経済のグローバル...H21/12
No.44「世界経済のグローバ...H21/12
No.43困難な時代だからこそ...H21/07
No.42業務プロセス改善が企...H21/01
No.41ジョン・P・コッター...H20/12
No.40中小企業の経営改革(...H20/10
No.39中小企業の経営改革(1...H20/07
No.38経営者の孤独...H20/05
No.37学ぶH19/12
No.36愚公移山H19/04
No.35インターネットマーケ...H18/11
No.34潮目、「三種の神器」...H18/09
No.33江戸商人に学ぶ・江戸...H18/05
No.32故事に学ぶH17/02
No.31母恃久安 母憚初難...H16/05
No.30社員と共に思いの共有...H15/12
No.29その気になれば。...H15/08
No.28小事を見れば則ち大事...H15/03
No.27経営は熱意、情熱、努...H14/11
No.26雑感二題H14/06
No.25毎日が創業の原点...H14/02
No.24今日の時代を生き残る...H13/11
No.23雑感二題H13/08
No.22雑感二題H13/05
No.21社長の戒め二題...H13/02
No.20古典に学ぶ経営...H12/09
No.19商人の経営訓...H12/09
No.18経営者の苦労...H12/05
No.17筆無精H12/01
No.16自分を信じて...H11/10
No.15学級崩壊に思う...H11/07
No.14知識は実践を通して知...H11/04
No.13不景気で倒産した会社...H11/01
No.12苦難、困難をバネに...H10/10
No.11創業の精神H10/08
No.10こんな時代だからこそ...H10/04
No.09成果1/10への挑戦...H10/01
No.08勤労は美徳H09/10
No.07俺はやってるぞ...H09/07
No.06心中の賊H09/03
No.05闘う姿勢H09/01
No.04私のもう一つの活動...H08/10
No.03背水の陣H08/07
No.02雑感二題H08/04
No.01創刊にあたって...H08/02


第42号テーマ:業務プロセス改善が企業競争力を高めます。

株式会社ぴこねっと
代表取締役 及川秀悟

業務プロセス改善が企業競争力を高めます。

企業活動は業務プロセスによって行われております。販売業・サービス業・製造業・IT関連業界・・・全ての業界において業務プロセスなくては企業活動は成り立ちません。企業活動を円滑にしかも効率的に行い業務を遂行するには、この業務プロセスが企業活動に最適であるかによって決まります。業務プロセスが適していない仕組みになっていますと、業務プロセスの途中でボトルネックやムダが多く発生して、企業活動が非効率になります。

企業は常に成長に伴い内部環境の変更を行ったり外部環境の変化に対応したりしなければなりません。成長に伴う変革が遅れるとたちまち成長は止まりますし利益性は低下します。また外部環境の変化に対応する社内体制の確立が遅れますと、市場競争力は失われます。

企業はこの様な内部環境変化や外部環境変化に対応するための業務プロセス変革が求められます。企業は絶えず自社の業務プロセスを環境変化に対応させる事で競争力を持続させ成長します。業務プロセスの改善こそが企業競争力を高めます。

当社は、企業にとって最適な業務プロセス設計、コンサルティング、業務プロセスに最適化されたシステムの穀zを提供しております。当社は業務プロセス設計を業務プロセス改革の視点から行い、内部環境で発生するムダを省き効率的で最適化された業務プロセスを穀zします。

業務プロセスにムダがあると・・・・・・
(1)仕事の進みが悪くなり重複した仕事やムダな仕事が多くなります。
(2)重複事務やムダの発生は経営コストを押し上げ利益減少の要因となります。
(3)社内事務仕事が多くなり間接要員が増えます。人件費コストを押し上げま
す。
(3)コスト増加は資金繰りの悪化を招きます。
(4)業務プロセスにムダがあると、受注・発注管理、販売管理や在庫管理に
遅滞が発生したりし、経営悪化の原因となります。
(5)組織が肥大化し動脈硬化を起こします。

業務プロセスの改善とは・・・・・・・
(1)現状の業務プローを分析し、業務フィロー上の重複やムダを省きます。
(2)企業の将来を見据えた最適な業務プロセスを設計する。
(3)最適な業務プロセスによって人員の最適化を行う。
(3)業務化されたコンピュータシステムを穀zする。
(システム運用コストの削減)
(4)効率的な業務プロセスで経営コストの低減を実現する。
(5)経営品質の向上を目標とする改善を図る。

業務プロセスを改革する効果・・・・・・・
(1)経営基盤の強化。
(低コスト経営、高利益経営、ヒューマンリメ[スの蓄積)
(2)スピード経営の実現。(業務プロセスの単純化、標準化、省力化)
(3)システム運用パフォーマンスの向上。
(コンピュータコストの低減化の実現)
(4)コアビジネスへの集中の実現。(周辺業務の統合化、一元管理)
(5)社内情報の一元管理の実現。(情報の共有化)

この様な事で困っておりませんか・・・・・・・困っている会社は意外と多いものです。
(1)事務効率は非常に悪いと思っている。
(2)事務職の社員が多いと思っている。
(3)コンピュータの効果が出ていない。
(4)社内でエクセルでの作浮ェ多い。
(5)内部管理が良くないと思っている。
(6)今まで業務改革を行った事がない・・・・

≫業務改善コンサルティング






日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights ©2017 PICONET,Inc All Rights Reserved