船中八策巻頭言集 ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌 > 船中八策の巻頭言集 > 第19号テーマ:商人の経営訓
 

No.60民法について(2)...H27/11
No.59民法について(1)...H27/10
No.58由無し事H27/03
No.57「悪貨は良貨を駆逐す...H25/04
No.56「牛尾から 鶏口にな...H25/04
No.55徳義と智恵の関係性に...H25/03
No.54経営雑感(経営者とは...H25/01
No.53「打つ手がない」から...H24/08
No.52「故事から学ぶ経営者...H24/02
No.51こんな時代だから...H24/02
No.50代替効果と所得効果...H23/04
No.49創業の元一日...H22/08
No.48利益説と能力説の立場...H22/07
No.47「経営者の行動指針」...H22/04
No.46 期間損益計算と発生...H22/02
No.45世界経済のグローバル...H21/12
No.44「世界経済のグローバ...H21/12
No.43困難な時代だからこそ...H21/07
No.42業務プロセス改善が企...H21/01
No.41ジョン・P・コッター...H20/12
No.40中小企業の経営改革(...H20/10
No.39中小企業の経営改革(1...H20/07
No.38経営者の孤独...H20/05
No.37学ぶH19/12
No.36愚公移山H19/04
No.35インターネットマーケ...H18/11
No.34潮目、「三種の神器」...H18/09
No.33江戸商人に学ぶ・江戸...H18/05
No.32故事に学ぶH17/02
No.31母恃久安 母憚初難...H16/05
No.30社員と共に思いの共有...H15/12
No.29その気になれば。...H15/08
No.28小事を見れば則ち大事...H15/03
No.27経営は熱意、情熱、努...H14/11
No.26雑感二題H14/06
No.25毎日が創業の原点...H14/02
No.24今日の時代を生き残る...H13/11
No.23雑感二題H13/08
No.22雑感二題H13/05
No.21社長の戒め二題...H13/02
No.20古典に学ぶ経営...H12/09
No.19商人の経営訓...H12/09
No.18経営者の苦労...H12/05
No.17筆無精H12/01
No.16自分を信じて...H11/10
No.15学級崩壊に思う...H11/07
No.14知識は実践を通して知...H11/04
No.13不景気で倒産した会社...H11/01
No.12苦難、困難をバネに...H10/10
No.11創業の精神H10/08
No.10こんな時代だからこそ...H10/04
No.09成果1/10への挑戦...H10/01
No.08勤労は美徳H09/10
No.07俺はやってるぞ...H09/07
No.06心中の賊H09/03
No.05闘う姿勢H09/01
No.04私のもう一つの活動...H08/10
No.03背水の陣H08/07
No.02雑感二題H08/04
No.01創刊にあたって...H08/02


第19号テーマ:商人の経営訓

株式会社ぴこねっと
代表取締役 及川秀悟

≪江戸時代の大阪商人に学ぶ「商に三法あり」≫

 江戸時代の大阪商人は、物事を行うにあたっては、堅実的で合理的に行うことを身につけていたと云われます。それが今日までの大阪商人の心の中に伝統的に受け継がれてまいりました。
その受け継がれた伝統のなかに、「商に三法あり」という言葉があります。「商に三法あり」は、江戸時代の大阪商人に商人として求められる素養を述べているのであります。

 その一法は、始末する事。よく「始末屋」とか「始末のできぬ者」「後始末をする」など云われますが、この始末をするという言葉は、そもそもものごとの始めと終わりの辻褄をあわせると云う意味をもっております。大阪商人はこの「始末」を収入と支出の計算が合う事、またムダを省き効率の良い商いをする事ととらえていたと云われます。「終わり良ければ全て良し」といわれますが、経営における「後始末をする」は、経営計画と一年の決算の辻褄が合う事と云えます。

 その二法は、算用する事。何事もソロバン勘定せよと云う事です。商人は儲けるために働くのであり損をしてはならないとも言い切る大阪商人。1回1回の取引で確実に利益を得られる。1軒1軒のお客様から僅かでも儲けさせて頂く事が長く商売が続けられる事であると言っています。この意味からも算用とは、短期的な見方ばかりでなく、長い目で勘定できることが大切であると教えているのです。

 その三法は、商才、才覚と云うことです。商売には機がある。その機を見る機敏な目、敏感に感じる感覚、それを取り込む行動力を商才、才覚と云われます。機のある時に商売をせよ、商才があるかないかが厳しい商いの中で大阪商人の生死を決めてきたのですが、そのため、丁稚から叩きあげられる中で、商機を見る目、感覚を身体をもって覚えていったのです。日頃から勤行をモットーとして心に戒めたのも、「商いに三法あり」と云う江戸時代の大阪商人の言葉に表れています。

≪鵜の真似をする烏といふことあり≫

「鵜の真似をする烏といふことあり。人の利巧が商ひごとよく鍛錬し運よく仕合するをみて羨ましく思ひ、己も運も器量もなきに、その真似をすること、大木なる思い入れ違いなり。これを烏を鵜に使うといふ。とかく己は運も器量もなきものとし、少し仕慣し商いを、こよなき楽しみと思い、大切に勤るべし。」商人生業監より

 人の商売はよく見えるものです。「あの会社はこの不況でもよく儲かっている。あの商品は利益幅が大きい。あの業種は不況しらずだ。」などの話をよく聞きます。他人の商売はいつも繁盛し儲かっているようにみえる。「隣の芝生はよく見える」もので、反対に自社の属する業界や自分の本業はいつも厳しいもの、辛いもののように思えるのです。

 自分の能力を省みず、他社経営の真似をし、新規事業に進出するのは「鵜の真似をする烏」という事になります。本業を大事にし、こつこつと堅実に事業に精を出していれば商売は繁盛していきます。自分の得意な分野で成長していくことが最も事業が安定することなのです。

 経営の新規事業の進出にあたっては、本業の経営資源を活かし小さく始める事が肝心であるともいわれます。「経営者にとって、本業を歩くことは容易であるが、他人の隆盛に気をとられたり、いろいろな儲け話の誘惑に耐えることが難しいのである」と言った経営者がいましたが、「烏を鵜に使う」にならないような勇気を持ちたいものです。






日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights ©2017 PICONET,Inc All Rights Reserved