船中八策巻頭言集 ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌 > 船中八策の巻頭言集 > 第06号テーマ:心中の賊
 

No.60民法について(2)...H27/11
No.59民法について(1)...H27/10
No.58由無し事H27/03
No.57「悪貨は良貨を駆逐す...H25/04
No.56「牛尾から 鶏口にな...H25/04
No.55徳義と智恵の関係性に...H25/03
No.54経営雑感(経営者とは...H25/01
No.53「打つ手がない」から...H24/08
No.52「故事から学ぶ経営者...H24/02
No.51こんな時代だから...H24/02
No.50代替効果と所得効果...H23/04
No.49創業の元一日...H22/08
No.48利益説と能力説の立場...H22/07
No.47「経営者の行動指針」...H22/04
No.46 期間損益計算と発生...H22/02
No.45世界経済のグローバル...H21/12
No.44「世界経済のグローバ...H21/12
No.43困難な時代だからこそ...H21/07
No.42業務プロセス改善が企...H21/01
No.41ジョン・P・コッター...H20/12
No.40中小企業の経営改革(...H20/10
No.39中小企業の経営改革(1...H20/07
No.38経営者の孤独...H20/05
No.37学ぶH19/12
No.36愚公移山H19/04
No.35インターネットマーケ...H18/11
No.34潮目、「三種の神器」...H18/09
No.33江戸商人に学ぶ・江戸...H18/05
No.32故事に学ぶH17/02
No.31母恃久安 母憚初難...H16/05
No.30社員と共に思いの共有...H15/12
No.29その気になれば。...H15/08
No.28小事を見れば則ち大事...H15/03
No.27経営は熱意、情熱、努...H14/11
No.26雑感二題H14/06
No.25毎日が創業の原点...H14/02
No.24今日の時代を生き残る...H13/11
No.23雑感二題H13/08
No.22雑感二題H13/05
No.21社長の戒め二題...H13/02
No.20古典に学ぶ経営...H12/09
No.19商人の経営訓...H12/09
No.18経営者の苦労...H12/05
No.17筆無精H12/01
No.16自分を信じて...H11/10
No.15学級崩壊に思う...H11/07
No.14知識は実践を通して知...H11/04
No.13不景気で倒産した会社...H11/01
No.12苦難、困難をバネに...H10/10
No.11創業の精神H10/08
No.10こんな時代だからこそ...H10/04
No.09成果1/10への挑戦...H10/01
No.08勤労は美徳H09/10
No.07俺はやってるぞ...H09/07
No.06心中の賊H09/03
No.05闘う姿勢H09/01
No.04私のもう一つの活動...H08/10
No.03背水の陣H08/07
No.02雑感二題H08/04
No.01創刊にあたって...H08/02


第06号テーマ:心中の賊

株式会社ぴこねっと
代表取締役 及川秀悟

 中国の古典の言葉に「山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し」というのがあります。明代の思想家王陽明の言葉ですが、山の中に潜む賊を負かすことは武力をもってすれば済むことだが、心の中に潜む邪心、迷い、打算という賊を破ることはなかなか難しい、ということを言っています。

 経営者が経営の外的問題に対応することは意外とできるものですが、自分の心に潜む邪心、迷い、打算に打ち勝ち、冷静になるのはなかなか難しい。
 今はかなり少なくなったが、経営者には黙っていてもいろいろな儲け話や裏話への誘いが多いものです。経営者の心理をくすぐる甘い話もしょっちゅうあります。そういったたぐいの話にのって”痛い目”にあったという話しをよく見聞きます(実は私も何回も痛い目にあっているのです)。経営者にとって「心中の賊」とはこのような”うまい話”に動かされる心ではないでしょうか。

 目の前の利益に、危ないと思いつつ心が動いたり、慎重にと思いつつ短絡的な判断をしてしまうことがよくあります。先のバブルにのって失敗した経営者がいかに”うまい話”にのっていたかということを物語っています。

 だからといって、経営者は何もしないのがよい、ということではありません。中期的、短期的な目標に立脚した経営を積極的に行わなければならないことは言うまでもありません。

 王陽明のいう「心中の賊」を破り、自らの心に勝つには、自らの心をコントロールすることしかないと思います。心の中にしっかりとした拠り所を持つことだと思います。経営者の心の拠り所とは、自らの人生哲学としての人生観や、経営にかける情熱や信念である”経営理念”にあります。人生観や経営理念こそが「心中の賊」から経営者を守るもっとも大事なバイブルではないでしょうか。

 目の前の利益に走ったり落胆したり心焦らせたり環境に悲観したりする事なしにひたすら、自分の経営の目標に向かって進みたいものだ。堺屋太一が言われた「経営者は、経営者はもとより社員一人一人の努力の結果としての経営理念の安定に努めるべきである」という言葉を実行したいものです。






日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights ©2017 PICONET,Inc All Rights Reserved