船中八策巻頭言集 ぴこねっとの営業リーダー バッくんです
社長日誌 > 船中八策の巻頭言集 > 第05号テーマ:闘う姿勢
 

No.60民法について(2)...H27/11
No.59民法について(1)...H27/10
No.58由無し事H27/03
No.57「悪貨は良貨を駆逐す...H25/04
No.56「牛尾から 鶏口にな...H25/04
No.55徳義と智恵の関係性に...H25/03
No.54経営雑感(経営者とは...H25/01
No.53「打つ手がない」から...H24/08
No.52「故事から学ぶ経営者...H24/02
No.51こんな時代だから...H24/02
No.50代替効果と所得効果...H23/04
No.49創業の元一日...H22/08
No.48利益説と能力説の立場...H22/07
No.47「経営者の行動指針」...H22/04
No.46 期間損益計算と発生...H22/02
No.45世界経済のグローバル...H21/12
No.44「世界経済のグローバ...H21/12
No.43困難な時代だからこそ...H21/07
No.42業務プロセス改善が企...H21/01
No.41ジョン・P・コッター...H20/12
No.40中小企業の経営改革(...H20/10
No.39中小企業の経営改革(1...H20/07
No.38経営者の孤独...H20/05
No.37学ぶH19/12
No.36愚公移山H19/04
No.35インターネットマーケ...H18/11
No.34潮目、「三種の神器」...H18/09
No.33江戸商人に学ぶ・江戸...H18/05
No.32故事に学ぶH17/02
No.31母恃久安 母憚初難...H16/05
No.30社員と共に思いの共有...H15/12
No.29その気になれば。...H15/08
No.28小事を見れば則ち大事...H15/03
No.27経営は熱意、情熱、努...H14/11
No.26雑感二題H14/06
No.25毎日が創業の原点...H14/02
No.24今日の時代を生き残る...H13/11
No.23雑感二題H13/08
No.22雑感二題H13/05
No.21社長の戒め二題...H13/02
No.20古典に学ぶ経営...H12/09
No.19商人の経営訓...H12/09
No.18経営者の苦労...H12/05
No.17筆無精H12/01
No.16自分を信じて...H11/10
No.15学級崩壊に思う...H11/07
No.14知識は実践を通して知...H11/04
No.13不景気で倒産した会社...H11/01
No.12苦難、困難をバネに...H10/10
No.11創業の精神H10/08
No.10こんな時代だからこそ...H10/04
No.09成果1/10への挑戦...H10/01
No.08勤労は美徳H09/10
No.07俺はやってるぞ...H09/07
No.06心中の賊H09/03
No.05闘う姿勢H09/01
No.04私のもう一つの活動...H08/10
No.03背水の陣H08/07
No.02雑感二題H08/04
No.01創刊にあたって...H08/02


第05号テーマ:闘う姿勢

株式会社ぴこねっと
代表取締役 及川秀悟

 これまで中小企業だけが持っていた独自の技術やノウハウは、自らを助ける防波堤となっていた。しかし、その独自の技術も今や大手が進出し、その地位を脅かしている。まさに競争の時代である。これに勝つには……。それは「闘う姿勢」を自ら心の中に確立するしかないのではなかろうか。弱者が激動の中で手をこまねいていたのでは、時代の流れの中に自らの屍をさらすしかない。闘わなければならないのである。

 まさに「戦争」である。自分(経営者)の闘う姿勢のみがこの「戦争」に勝つ最大の”武器”だと思う。
 自社の販売ルートに他社が入って来たら、それを排除するだけの方法を考えればいい。自社の技術部に大手が参入してきたら、大手にない自社の技術をさらに磨けばいいのである。これは、その意志を持つしかない。そして努力しか……。財力、人材、組織力、そのどれをとっても大企業にはかなわない。だから、我々経営者に残されているのは、大手にない、気力、飽くなき闘志、つまり「闘う姿勢」しかないのである。

 厳しい状況ではあるが、捨てたものではない。意外と我々の生き残る道はあるものである。道がない、方法がない、のではなくてその気がなかったのである。「大企業にできないことは何か」また「他社にできないことは……」それを考えれば、自ずと答えは導かれて、出てくるのである。

 中小企業の環境はいつも厳しいものであり、不利でもある。それだけに毎日毎日休むこともなく、またわずかの時間でも休むことなく常に自分と闘うのである。闘えばいいのだ。

 「売れないのではなく、売らないのである」「技術がないのではなく、知恵がないのである」「大企業に勝てないのではなく、はじめから諦めているのである」そうではないだろうか。経営者が「闘う姿勢」を明確にすれば、社員は必ずついてくるものである。社長と社員と全員の力を集結して、この難局の経済環境に立ち向かうとき、必ず結果は出て来る。

 努力は必ず報われるものである。我々経営者は、そのことを信ずるしかない。また、信じる力を持つことではないだろうか。だから闘うのである……。と自分に云い聞かせている。






日本ねっ島 |  郷土料理 |  おやつ・おかずレシピ |  社長日誌 |  会社案内
Copyrights ©2017 PICONET,Inc All Rights Reserved